日本酒を極める。 SAKE DIPLOMAへの道①

日本酒を極める。 SAKE DIPLOMAへの道①

 

こんにちは。神保町の歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

週末、東京プリンスホテルで行われたソムリエ協会の定例セミナーに行ってきました。

 

最近よく思うのですが、いい席取るには早め入り。。。です。

今回は受付開始時間の15分前に到着したらまだ準備していたので

地下のコンビニでミネラルウォーターを買って戻ってきたら行列が出来ていました。

 

最近は会員証のバーコードで入場できるので持っていない方よりも早く入れます。

 

そんな訳で、講師の方とモニターが良く見えそうな中央前列付近に席を確保して

勉強してきました。

 

今回の日本酒概論は今年から開催される

J.S.A. SAKE DIPLOMA認定試験」の教科書に沿って行われました。

 

実は今年この資格試験を受けようか迷っていまして、まだ申し込みしていない為

教科書がない!

 

一生懸命ポイントをメモって、後で教科書が届いたら復習予定です。

 

加水の有無、火入れの有無、精米歩合、酛の違いなど、

今まで気にして飲んだ事がなかったのですが、改めて比べてみると違いは一目瞭然。

やはり日本人なんで米の酒の違いはワインよりは理解しやすいのではと思いました。

4番のお酒だけほとんど入っていませんが実はこれだけ飲むペースが速く、デギュスタシオンなので吐き出していた人もいましたが、

自分は昔から全部飲む事にしています。

 

一番好みの味でしみじみ美味しい。

。。。と思いきや4合瓶で12960円もする酒でした。

(ソムリエ協会太っ腹ですね)

 

 

 

 

 

「なんだかわからないけど美味しい。。。」

 

それはそれでいいかと思いますが、

 

理解できた方がより楽しくて美味しい」と思います。

 

↑ このような類の事をワイン検定の生徒さん達に偉そうに言っている手前

 

自分はどうなんだって話です。

 

日本人なのに日本酒に対する知識が皆無に等しいので

 

このあたりで一度しっかり勉強してみようと思います。

 

今年から始まる試験の為、過去問もなければ、試験の傾向もわかりませんが、

 

それは皆さん同じな訳で。

 

J.S.A. SAKE DIPLOMA認定試験を受けてみようと思います。

 

 

そして。。。

 

自分への戒めの為に受験までの軌跡を公開します。

 

 

題して

 

ナチュスマ院長の「SAKE DIPLOMAへの道

 

 

乞うご期待!

 

以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ワインを極める。その②

こんにちは。神保町の歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

 

ドメーヌ・オヤマダ BOW!赤 2016

ドメーヌ・オヤマダ BOW!白 2016

ドメーヌ・オヤマダ 祝 2015

 

当主の小山田幸紀さんが山梨で造っているテーブルワインです。説明文に社員1名って書いてありましたので、

恐らく1人で、栽培から醸造まですべてやっているのではないいかと思います。

 

 

赤はマスカットベリーAにカベルネフラン主体、

白はデラウェア、プチマンサン、シュナンブラン。

泡はデラウェア、プチマンサン、甲州。

 

生産本数が少ないのでなかなかお目にかかることが少ないワインかと思いますが

運良く見つけたら是非飲んでみてください。

 

失礼な話ですが、昔は何飲んでも美味しくなかった記憶がありますが

最近の日本ワインのレベルは非常に高いです。

 

 

。。。

 

。。。

 

。。。でもやっぱりブルゴーニュが好き。

 

ごめんなさい。

 

以上。

 

 

 

 

 

 

 

ワイン検定ブロンズクラス 2017 プラス神楽坂

 

こんにちは。神保町の歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

 

今年もワイン検定の季節がやってきました。

 

今年はブロンズクラスが3回、

シルバークラスが1開催されます。

 

 

6月28日は初の平日開催ですが、仕事の関係上開催出来ないと思いますので

竹内クラスは実質2回です。

 

 

特に日曜日は今回のみになりますので土曜日休みでない方は是非この機会に

受けてみてください。

 

下記のサイトより新宿区の「プラス神楽坂」が

竹内クラスですのでお間違えの無いようお願いします。

 

 

https://www.winekentei.com/

 

 

実は、締め切りまで後1週間しかなかったりするのでお早めに。

 

 

以上。

 

 

 

日本ワインを極める。

 

神保町の歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

 

最近何かと話題の「日本ワイン

日本のワイン」じゃなくて「日本ワイン

 

実は日本には「ワイン法」がないんです。

 

そんな訳で海外からブドウ濃縮果汁を輸入してきても国内で製造すれば

国産ワイン(日本のワイン)」になってしまします。

 

知る人ぞ知る「漫画ソムリエ

ワインを一口飲んだだけで銘柄はおろかヴィンテージまでことごとく的中させるほどワインに関して天才的なソムリエ佐竹城

パリに住む彼を日本にスカウトする為に

アトランティックグループの統括マネージャである木崎部長が挑んだブラインド勝負で使われてたトリックです。

 

漫画ではアルゼンチン産の濃縮ぶどうジュースを還元し水を加えたワインが使われていました。

 

簡単に言うと国産ブドウを使用し国内製造されたワインが「日本ワイン

海外から輸入したブドウや濃縮果汁を使用し国内で製造されたワインを「国産ワイン

 

アルゼンチン産濃縮還元ブドウジュースを使用しても

国内で生産すれば立派な「国産ワイン」になってしまうわけです。

 

そんな消費者の混乱を打開すべく

日本ワイン」「国内製造ワイン」「輸入ワイン

を明確に分ける法律が2015年10月に制定されました。(執行は2018年10月

 

日本ワイン」もこの法律のおかげで益々品質の向上が期待できますね。

 

それにしても生産量が少ないうえここ最近の「日本ワインブーム」で一部の人気商品は極めて入手困難になっています。

 

ちなみに写真の

ピノ・ノワール2014/ドメーヌ・ミエ・イケノ

も生産本数は3527本

会社名にもなっているLes pas du chat(レ・バ・デュ・シャ)って「猫の足跡畑

ワインを入れてくれる紙袋も猫がモチーフになっていて猫好きにはたまらない仕様になっています。

残念ながら自社のホームページ上では全品品切れ中

 

 

なんですが。。。

たまに東急渋谷本店とかに普通に売ってたりします。

たまに伊勢丹新宿店のワインショップにも置いてあったりします。

少し遠いですが、リゾナーレ八ヶ岳のショップで1人1本限定ですが買えたりします。

 

フランスワイン好きにも好まれそうな洗練されていてエレガントなピノ・ノワール

 

。。。って事で幸運にも見つられたら買いです。

 

以上。

 

グートオッガウを極める。

img_5812

あけましておめでとうございます。

神保町の歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

 

最近何かと気になるオーストリアのワイン。

 

院長の一押しは

ブルゲンランド地方にあるノイジドラー湖のほとりにある

グート・オッガウ(オッガウ農園)

 

 

 

左から

ティモテウス(オレンジワイン)

ヨシュアリ(赤)

ヨゼフィーネ(赤)

アタナジウス(赤)

ヴィニフレッド(ロゼ)

テオドラ(白)

 

ヨシュアリ以外は飲んだ事あるのですが、みんな潜在能力ありありです。

寝かせておいたら将来楽しみな感じなので早速セラー行きでしたが、

 

ここのワインって

実は家系図があって

 

第一世代

メヒティルト、ベルトルディ

第二世代

ティモテウス、エメラム、ヨゼフィーネヨシュアリ、ヴィルトルード

第三世代

テオドラヴィニフレッドアタナジウス

 

。。。って事で全員集合まで後4人??

実はこの家族、昼のドラマくらいドロドロらしいですが、

果たして無事に集まるのだろうか??

謎は深まるばかり。。。

 

今年も1年頑張りましょう!

 

以上。

ワイン検定シルバークラス プラス神楽坂クラス

img_1174

こんにちは。神保町の歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

11月13日の日曜日にソムリエ協会主催の

ワイン検定 シルバークラス」が開催されました。

 

今回は神楽坂クラスを担当させていただきましたが、

生徒の皆さま非常によく勉強していただいて

全員見事合格する事が出来ました。

 

ワイン検定」って(本当に!)知名度低いですが。

今までワインの試験と言えば、「ソムリエ試験

実際に実務経験がない場合は「ワインエキスパート」という資格になるのですが、

これが3次試験まであったり、問題も難しくてなかなか手が出せなかった方も多いと思います。

ワイン検定」はワインは好きだだけどよくわからない。。。とか

知識の少ないワイン初心者の方がこれまで以上にワインを好きになれるようになる為のものです。

 

ワイン検定シルバークラス

ブロンズクラス認定者を対象に、レストランソムリエに相談したり、

ワインショップワインアドバイザー(現ソムリエ)からアドバイスをもらいながら、

好みのワインを選んでいくための知識を習得する事を目的としています。

 

 

。。。って事で、

当日は某有名ホテルのフレンチよりソムリエを迎えまして、

実際に「料理に合わせたワインの上手な頼み方」などをレクチャーしてもらいました。

その他、レストランでワインを頼む際の疑問点や、普段は聞けないような現場のお話などを聞くことが出来て、

今回受講した生徒さん達には非常にいい経験になったと思います。

 

今年のワイン検定は終わりましたが、ワイン検定は毎年開催されます。

全国一斉開催なので好きな場所を選んで受講出来ますので

ワインは好きなんだけどよくわからない。。。という方は是非受講してみたください。

 

ワイン検定は100点とらないといけない試験ではありません。

覚える事も多いですが、授業さえ真面目に聞いていれば誰でも合格出来ます。

3択ですのでわからなくても33.33…%の確率で正解出来ます。

ワインは勉強すればする程奥が深くて面白い世界ですので

是非足を踏み入れてみてください。

 

 

趣味でやっているのでいいですが、

お祝いにシャンパーニュ振る舞ったり

なんなりで毎回赤字です。。。

 

以上。

 

 

 

 

ワイン検定シルバークラス

IMG_5199

こんにちは。神保町の歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

なんでもソムリエ協会でしか買えないそうで

Amazonなんかだと定価の数倍で売られていたり

ヤフオクだと定価の10倍くらいの値が付いた事もあるという

 

くまもんピンバッジ(ソムリエ協会仕様)

 

もともとソムリエ協会が熊本震災の復興目的の支援の為に作ったものだと思うのですが、良からぬ方向に進んでますね。。。

 

 

それはさておき、

来る11月13日(日)はお待ちかねの

ワイン検定シルバークラスです。

 

ワイン検定シルバークラス

レストランでソムリエに相談したり、

ワインショップでワインアドバイザーからアドバイスをもらいながら、

好みのワインを選んでいくための知識を習得する事を目的といた

ソムリエ協会主催のワイン検定です。

 

ブロンズクラスはフランスワイン限定でしたが、

シルバークラスからは世界のワインのなり、テキストのボリュームも4倍

 

 

当日は

120分の講義の後、40分の認定試験が行われ

見事合格すると、

ソムリエ協会からタストヴァンを模ったかっこいい認定バッジ認定カード

さらにソムリエ協会の名刺も作成して貰えます。

 

 

ご希望の方は下記のサイトから入って

新宿区の「プラス神楽坂」が院長クラスです。

https://www.winekentei.com/

 

皆さまお誘いあわせの上お申し込みください。

 

 

。。。言いたいところなんですが、

ワイン検定シルバークラス受験資格には

ワイン検定ブロンズクラス認定者との規定がある為

受験希望者は来年のブロンズクラスから受けていただかないといけなんです。

 

残念。

 

 

以上。

 

 

小型船舶を極める。

IMG_5286

こんにちは。

お盆も診療している神保町の歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

 

 

昔々「4級小型船舶操縦士」の免許を取得しました。

 

制度が変わって今は「2小型級船舶操縦士」という免許になるのですが。。。

 

小型船舶操縦士って免許の更新が5年ごとにあるんですよ。

その免許が今月26日で切れるので更新早く更新しないと。。。と思っていた矢先。

 

よく見ると

有効期限。。。平成27年8月26日

 

去年じゃね??

 

 

。。。そんな訳で失効講習を受けるのも悔しいので

少し勉強して1級ステップアップする事にしてみました。

 

2級1級の差は簡単にいうと海岸から離れられる距離です。

2級だと5海里9キロ)まで。1級だとその制限がなくなります。

 

双方の岸から9キロなので距離が18キロ以内の場所なら2級でも島まで行けますが、

。。。大島まで行くには1級が必要です。

 

 

正直、陸の見えないところは行きたくないですが、

2週間後の試験を目指して海図の勉強をする院長なのでした。

 

以上。

 

ワイン検定ブロンズクラス

IMG_4466

こんにちは。神保町の歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

7月8日(金)より一般社団法人 日本ソムリエ協会主催のワイン検定ブロンズクラスの募集が始まりました。今年2回目の開催です。

 

ワイン検定ブロンズクラスはワインの入門編として

家庭で楽しくワインを飲んでいただける知識を身に着ける事を目標としています。

1日完結型ですので、当日90分の講義を聞いた後40分の認定試験を受けていただき

無事に合格するとソムリエ協会から

認定カードタスト・ヴァンをかたどったバッジが貰えます。

またシルバークラスの受験資格を得ることができます。

 

なんだか難しそう。。。と思っている方へ朗報です。

過去の竹内クラスの合格率は100%です。

しかも皆さまほぼ満点に近い成績で合格されておりますので、

当日の授業さえ真面目に聞いていただければ間違いなく合格出来ます。

 

下記のサイトより新宿区の「プラス神楽坂」会場が今回の竹内クラスですので

皆さまお誘いの上ご応募ください。

 

以上。

 

 

 

 

ワイン検定ブロンズクラス

 

醸しを極める。

IMG_5060

 

こんにちは。神保町の歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

 

ケンブリッジ・ロード クラウドウォーカー ピノ・グリ 2015

 

ニュージーランドマーティンボロのピノグリ。

 

産地はマーティンボロ。名前は似てますがソーヴィニョン・ブランが有名な南島のマールボロではなくてマーティンボロ

こちらはニュージーランドの首都ウエリントンから車で1時間程のところにあります。

 

 

マーティンボロって産地ワイララパのサブリージョンなんですが、産地より有名なのってニュージーランドではここだけかと思います。

 

ちなみにピノノワールとか有名でが、これはピノ・グリ

 

 

意図的に収穫を遅らせて貴腐化させた葡萄を一部使用しているのでかすかな貴腐香。

勿論、無濾過。

 

で、コルクじゃなくて王冠ってのも粋です。

 

 

以前より今年こそはブレイクするといい続けて早3年

今年こそブレイクしそうなオレンジワイン

 

実際にそうなんですが。見た目が非常に美味しそう。

 

追加購入決定って事で。

 

以上。