シャンベルタンって。。。

シャンベルタンって。。。

IMG_4171

 

こんにちは。神保町の痛くない(←たぶん)歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

 

そういえば日曜日に六本木ミッドタウンで勉強会(←飲み会じゃありません)があった為、

帰りに以前から気になっていたワインショップに。

 

 

。。。で、いいもの見つけたので買って帰ってきました。

 

 

ジュヴレ・シャンベルタン 2001/ジャン・ラフェ

 

 

いつもしみじみ美味しいジャン・ラフェの村名。

 

今は息子さんのジェラール・ラフェになっている為2001年はジャン(父)の最後の年です。

ここのドメーヌは蔵から出したままの状態でエチケット(ラベル)貼るのであいかわらずボトルが汚いです。

 

。。。ついでにこっちはジャン・ラフェもお気に入りの2000年の「クロ・ド・ヴージョ」危険な旨さです。

IMG_0294

 

 

ところで、以前見かけてびっくりした某神楽坂方面の飲み屋(←今はなき)のインチキ看板なんですが、

 

「今夜はナポレオンが愛したシャンベルタンを! 6980円」

とか

「今宵は、ひざまづき脱帽して飲むべし。。。で有名なモンラッシェを!  5980円」

 

。。。とか

どう考えてもおかしな価格設定

 

 

当然それぞれ

ジュヴレ・シャンベルタン」と「ピュリニー・モンラッシェ

だったりする訳なんですが、

 

普通の方にとっては

ジュヴレ・シャンベルタン」も「シャンベルタン」も同じなわけですよ。

 

 

シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ」は「シャンベルタン」を名乗れるが、

シャンベルタン」は「シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ」を名乗れない。。。

とか

シャルム・シャンベルタン」は村内最大面積

とか

フーリエグリオットは0.2秒で売り切れる」

とか

アルマン・ルソーのワインはエチケットに統一感がないから遠目で見ただけで何の銘柄かすぐにわかる」

とか

。。。そんな事は仕事でもないのに知っている方がおかしいわけですよ。

 

 

 

。。。おかしな看板はやめましょう。

 

 

 

「今夜はムートンご馳走するよ」っていうから喜んでいたら「ムートン・カデ」だったり。そうなるともう何でもあり。

 

 

鮨も然り

すみません、鮨廻ってるんですけど?

 

 

 

 

以上。

 

 

 

My Love Is Forever

IMG_4125

 

こんにちは。神保町徒歩5分(頑張ると2分くらい)の歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

 

サヴィニー・レ・ボーヌ・プルミエ・クリュ・ラヴィエール2006/ドメーヌ・カトリーヌ・エ・クロード・マレシャル

 

 

最近段々と有名になってきて、バックビンテージが手に入らなくなりつつある(というか手に入らない)

マレシャル」の貴重な2006年物

 

マレシャルのワインはいつも購入するとすぐに飲んでしまうのですが、このキュベだけは毎年ストックしているんですね。

2006年が一番古いストックなので実は初めて飲んだ次第です。

 

開けた瞬間まったく香りせず、完全に閉じていましたが時間と共に華やかな雰囲気に。

今出ているものが2012年物なんで恐らく6年前に購入したワインだと思うのですが、いよいよ貫禄が出てきていい感じです。

ただ、半分くらい起きてきた段階で全部なくなってしまったのが残念でしたが。。。

 

 

ところで、ここ最近ワイングラス変えてみたのですが、気づきました??

 

 

 

winewhat2015nov_h

 

探したら、この雑誌の表紙に掲載されていました。

 

サヴァ15oz/木村硝子

 

スロバキア製ハンドメイドカリクリスタル(酸化鉛の代わりに木炭を精錬して産出した酸化カリウムを配合したもの)

 

華奢で華麗なステム

繊細なリム

大きすぎず小さすぎない絶妙なバランスとフォルムのカップ

 

これが1客あればよほど高級なものでない限り、赤も白もイケます。

そして、もともとはビールグラス用に作られたものですので、ビールも然り。

 

家のみ用のワイングラスには最適かと。

 

 

 

ところで、ワインのスワリングはなんで反時計回りなのか知ってます??

 

 

 

それは。。。

 

 

 

 

 

あなたと出逢った頃まで時間を戻す為

 

あなたと出逢った頃のように〜♪

 

 

 

 

うっ

 

 

 

持田香織もびっくり!

 

以上。

 

 

One for All, All for one.

IMG_4101

 

こんにちは。神保町駅徒歩5分、メタルフリーな治療もやっているナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

 

 

シャサーニュ・モンラッシェ・ルージュ・ラ・グジョンヌ・VV2012/ユベール・ラミー

 

 

シャサーニュ・モンラッシェシャサーニュ・モンラッシェ村で作られたワインです。

かの有名な「モンラッシェ」はこのシャサーニュ・モンラッシェ村ワインです。

(正確に言うとモンラッシェは隣のピュリニィ・モンラッシェ村にもまたがっていますが。。。)

 

 

そして普段なら絶対に手を出さないであろうシャサーニュ・モンラッシェ赤。

 

理由はユベール・ラミーなので。

 

 

ユベール・ラミーは以前クロ・パラントゥへの道で登場したメオ・カミュゼで修行した

2代目のオリヴィエがビオなワインを作っているドメーヌ。しみじみ美味しいです。

 

 

 

ところで

モンラッシェ」といえば

ワイン好きが集まると必ず誰かが必ず口にする

 

脱帽し、ひざまづいて飲むべし

 

というフレーズ(このセルフをワイン会などで口にする人はイメージ的にモテませんが)。

 

 

これは

文豪アレクサンドル・デュマ

ダルタニャン物語」でのダルタニャンのセリフです。

そしてかの有名な「三銃士」は3部構成の「ダルタニャン物語」の第1部です。

 

 

 

最近ウィキペディアで知ったのですが、アレクサンドル・デュマは1人じゃないんですね。

親子で同じ名前。

紛らわしいので

大デュマ小デュマって言うらしいです。

 

 

で、フランスだから

大デュマ=デュマ・ペール

小デュマ=デュマ・フィス

 

ペール・エ・フィス(父ちゃんと息子)

 

 

ことワインの世界では

有名どころだと

ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス

ドメーヌ・アルヌー・ペール・エ・フィス

などなど。

 

 

 

 

。。。と怪しげな文学青年風な文章になってしましましたので

 

 

最後に「三銃士」って事で、9章ラストにて、ダルタニャンが発案した友情の誓いの言葉を。。。

 

 

皆は一人の為に、一人は皆の為に

 

 

 

お前のモノは俺のモノ、俺のモノは俺のモノ!」

 

のび太のくせに生意気だ!

 

以上。

 

 

 

 

 

Love me little, love me long.

 

IMG_4070

こんにちは。神保町駅から徒歩5分の審美もやってる歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

 

 

シャルドネ・ナチュール・レヴァロン・ヴァン・ド・ヴォワル2009/ジュリアン・ラペ

 

 

 

以前ジュラ・サヴォワな夜にも登場したジュリアン・ラペのシャルドネです。

 

228Lの木樽にて5年醗酵・熟成(内4年はフロールの下)無濾過・無清澄
SO2: 無添加というかなりマニアックな作り。

 

フロール(産膜酵母)ってシェリー作るときにも登場しますが、

簡単に言うとワインの表面に浮かび上がって皮膜を形成する酵母です。

これによりワインの酸化防止効果、また糖分を分解する為、ドライに仕上がります。

ワインにはフロール由来のへーゼルナッツや胡桃のような香りが加わります。

 

 

 

 

。。。と、お勉強はさておき。

 

はじめて白ワインを飲んでこれがシャルドネだと思うと、

たぶんシャルドネ嫌いになると思います。

 

初心者にはマニアック過ぎるので。

 

このようなワインは1本3日くらいかけてゆっくり楽しむのがいいんじゃないかと。

 

 

2日目1日目より美味しく感じます。

 

3日目には好きになると思います。

 

 

 

 

「少し愛して 長ーく愛して」

 

            by 大原麗子40代以上限定

 

以上。

 

魅惑のペアリング

IMG_4072

こんにちは。神保町の歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

 

もうすぐ今年も残すところ1月きりました。

今年も1年あっという間です。

 

 

そんな訳で本日は当院の勉強会

神楽坂の看板も出ていない某カウンター10席のイタリアンへ。

 

この店何が凄いって看板もなければメニューもなく、当然価格もまったくわからず。

しかも料理からワインのサーブまですべてマスターワンオペ

ワンオペと言っても某牛丼チェーン店や、

常連さんが冷蔵庫から酒勝手に持って来たり、

勝手にカウンターに入って手伝ってたりするようなお店とは全く違ってサービス行き届いてます。

 

写真はメインの

子羊ですが、スタッフ全員違うものを頼んだのにすべて同じタイミングで

サーブしていただきました。

 

流石です。

 

ワインは料理合わせてその都度グラスで提供していただけるため、

カヴァから始まり締めのハードリカーまでかなりの量飲めます。

 

これって個人的に来年ブレイクすると思っている3つのうちの1つ

ペアリング」ってやつです。

 

残りの2つは

オレンジワイン」と「熟成鮨

 

なかでも来年ブレイクする大本命は「熟成鮨」です。

 

 

とは言え。。。

 

熟成肉」の時も「今年こそブレイクするぞ!」、「来年こそはブレイクするぞ!」

 

 

。。。って結局3年来ませんでしたので

 

ハードルを下げて優しく見守っててください。

 

 

 

 

 

 

 

本日の疑問点

勉強会とか言って結局飲み会??

懇親会からが本当の勉強??

 

 

以上。

 

 

 

 

 

 

 

そして伝説へ

IMG_4042

こんにちは。神保町駅から徒歩5分(頑張ると2分)の歯科医院ナチュラル・スマイル・デンタルクリニック院長の竹内です。

 

エスプリ・ブリュット/アンリ・ジロー

 

あまり出回ってないので聞きなれない名前かと思いますが

アイで400年続いている老舗メゾンです。

 

アイはシャンパーニュ地方のヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区のグラン・クリュ。

 

シャンパーニュ地方には下記の地区に17のグラン・クリュがあります。

モンターニュ・ド・ランス(ランスの山)。。。ピノ・ノワールがメイン

ヴァレ・ド・ラ・マルヌ(マルヌの渓谷)。。。ピノ・ムニエがメイン

コート・デ・ブラン(白い丘)。。。シャルドネがメイン

 

 

どのグランクリュがどこの地区に属しているかくらいは自称シャンパーニュ通の方は知っていないといけない事なんですが、

実は覚え方は非常に簡単。

 

ヴァレ・ド・ラ・マルヌアイ

コート・デ・ブランアヴィズ

覚えないといけないのはこの2つだけです。

 

 

ヴァレ・ド・ラ・マルヌアイのほかにあるもう一つが

トゥール・シュル・マルヌ。(マルヌがつくのでわかると思います)

 

アヴィズを例外としてからはじまりまるグラン・クリュはすべてコート・デ・ブラン

それ以外はモンターニュ・ド・ランス

 

簡単でしょ?

 

これをふまえて下記の問題を解いてみてください。

 

Q1

次の中からシャンパーニュ地方のグラン・クリュ100%のコミューンで、ヴァレー・ド・ラ・マ ルヌ地区に位置しているものを1つ選び、解答用紙の解答欄にマークしてください。

A Ay

B Bauzy

C Avize

D Mailly

 

Q2

シャンパーニュ格付け100%クリュのCramantが属する地区を以下から1つ選べ。

A Montagne de Reims

B Vallee de la Marne

C Cote des Blancs

 

 

 

 

 

Q1は覚える事必須なAy

Q2はCから始まるのでCote des Blancs 

 

 

楽勝ですね。

 

 

実はこの「エスプリ・ブリュット/アンリ・ジロー

2年前のナチュスマ忘年会、某恵比寿のお鮨屋さんで頼みすぎて途中で在庫がなくなり急遽店員さんが買いに走るという伝説の忘年会を飾った逸品です。(←エグザイルのレモンサワーみたいな感じです)

 

 

そして毎年毎年深夜2時の麻布十番、まさかのタクシー難民の巻。

 

 

 

『学習』って言葉、知らねぇんじゃないの?

by  泉和彦(布施博)

 

 

以上。